2020年タブレット理想環境

待望のGalaxy Tab S7 Sペン対応のタブレットが登場しました!
そこで私が多くの時間をかけ最適な環境を紹介します。


タブレット利用は外出に耐えうる状況であること。

1. SIMカード入りのタブレットは必須
 PCは外出時Wifiの接続作業や起動時間にほんの数秒だが時間がかかる
 このストレスは外出先では辛くなってくる

2.PCでしかできない作業があるときは Splashtopで対応する。
 WindowsもMacも起動できるのでこれによりほぼ全ての作業はタブレットで完結できる 

3.メモはペンで書くことが重要。
 打ち合わせなどでパソコン置いて何か打ち込みながら話す人がいるがこれは内職してる?!って思われることもある。
 ペンで描いてる場合、相手にも見えるので、そこで説明ができるため議論がしやすくなる。
 最近、Google meetにもホワイトボード機能が入ったがやっぱり自由に描きながらそこで説明するという工程は話をしやすくなる。

Splashtopを使ってiPadからWindowsを起動した画面
Splashtopを使ってiPadからMacを起動した画面
8インチのメモがかけるノートは手帳のように持ち運びやすい。

2つのタブレットが必要

ここで重要になってくるのがメモを書くデバイスと情報を見るデバイスの二つが必要になるということ。

■情報を見るデバイスはiPadに軍配が上がる。キーボードの反応。トラックパッドの操作感はAndroidタブレット勢を凌駕する。
特にトラックパッド+iOS14でのマウス操作感は感動の体験を得られる

■メモを取るデバイスとして
こちらもiPadPro、iPadmini + Notability でかなり最高な環境は実現できるのだが、手帳サイズで持ち運べてペンも収納できるGalaxy Tab A with S-Pen の8インチでの環境と Samsung Notes (Galaxy Notes)のコンビは最高に便利

・雑な手書き文字でも検索で見つけてくれる
・音声録音した場合に文字入力と連動し、頭出ししてくれる
・各種デバイスに同期可能 2020年11月からはMicrosoft Onenoteと同期ができるとのことでさらに完成形となる。
 iPadで上記のことができるNotabiltyももちろん素晴らしいが、Android、Windowsへの同期ができないためApple製品だけで仕事もプライベートも完了できる人じゃないと厳しい

結論: iPadPro + Galaxy Tab A with Sペン(もしくはGalaxy Noteシリーズ)の2台構成が外出時の最高セット

通常作業はiPad Pro + Magic Keyboardに任せ。
ノートは Samsung Notes(Galaxy Notes)で全デバイス同期することで会議なども含めた仕事とプライベートライフが成立する

上記のデメリットも記載しておきます。
・iPadPro用のMagic Keyboard がiPadよりも重くパソコンと同じくらいの重さになる。13インチ iPadProの場合は1kgを超えてくる。これならパソコン持っていった方が良いのでは?ってなるが。そこはPCのバッテリーの持ち時間や、毎回の起動の遅れなどを考慮するとiPadでいいとなるはず。

・Galaxy Tab A with S-penはSIMが搭載できない。
 ここはノートと割り切り、必要であればテザリングで対応するとしてメモ帳と割り切る。コストも3万円代なので。10万円を超えてくるタブレットシリーズと比較しても安価と言える。

僕は上記の構成に加え、カバンを持たない時は iPadProを iPad miniに変更し、大きめのコートのポケットに入れて運びます。


ポケットが小さい服の場合は僕はこのビジネスホルスターを装備し、2丁拳銃のようにipad miniと Galaxy TabA を忍ばせて移動します。 
ここまで来るときもいレベルですかね^^;

皆さんのタブレットを活かしたプライベート+ワーク環境構築の参考になれば幸いです!

カテゴリー: TAIMEI タグ: , , , , , , ,

パンデミックのノアの方舟

ミッション・インポッシブル ローグネイションがテレビで放送された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

このシナリオは、トムクルーズ主演の所属する諜報機関がその機関の存在意義を主張するために架空の犯罪裏組織をでっちあげていると言うシナリオ。

昔からこのような構図はよくある話。

シロアリ駆除会社が仕事がなくなったらシロアリをばら撒く。

セキュリティ会社が売り上げなくなりそうになったらセキュリティリスクをばらまくように。宗教カルトが仮想敵を作って煽るように。。。

自作自演は世の常かもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな中、高齢者だけが死ぬと言って良いウィルスが生まれた。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58010740T10C20A4CE0000/

ノアの方舟を作りあげた者が思った。

『お金だけかかる家族からも見放された介護しないとならないような人間が生きてる意味があるのか?』

『未来のある若者に高齢化社会の年金負担をさせるような状況に見ないままにして良いのか?破綻が見えているのに!?』

『これを使ってそんな世の中を解決させるべきだ!』

「そんな確実にそんな人だけに感染させることができるわけがないんじゃないか?」

『もちろんウィルスは確実では無い。若者や死んではならない人にも影響を与えるかもしれない。正義には多少の犠牲は仕方ないだろう。』

『死んではならない人間には先に伝えることで対策を立ててもらう』

「そもそもそんなウィルスをばら撒けば感染源を突き止められ犯罪者とされてしまうだろう」

『世界で嫌われている国から発生させ、陰謀説に見立てれば良い。

世論が勝手にその国のせいにしてくれるだろう。』

『一気に広がらせるには人が集まるところが良いな。市場とかで広げれば一気に広がるんじゃないか』

このパンデミックは中国武漢の市場から発生した。(と言われている)

WHO、「中国の魚介類市場が発生源」

https://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2020/05/09/xin-xing-koronauirusu-who-zhong-guo-noyu-jie-lei-shi-chang-gafa-sheng-yuan-1413874

「経済にも大きな影響が起こるだろう?」

『優秀な事業家には先に伝えよう。先手を打って準備してもらえばいい。ダメージはあるがすぐに彼らが大きく迅速に発展してくれる』

欧米の大手企業のCEOがこの事態を知っていたかのように過去最高に辞任した。

https://media.rakuten-sec.net/articles/amp/26316?page=4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなストーリーだったとして、頑張ってる人が仕事がなくなったり、経営破綻したりでバブル時代のような自殺者、行方不明者を作るような状況は絶対あってはならないと思う。

いろいろな情報が飛び交う状況の中で真実が知りたい。

カテゴリー: TAIMEI

『最近流行りのアジャイル開発と今の企業の決済取るための関係性』

このテーマ(https://blog.flavacube.com/2020/02/%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%e3%81%a8%e3%80%81%e7%99%ba%e6%b3%a8%e8%80%85%e5%81%b4%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9/)は続きがあって・・・

アジャイル開発で行きましょう!って話になって、

その後、概算見積もりを予算取りのために必要だということで、大手企業の場合求められる。

概算見積もり出すためには、何を開発するか決定し、ある程度の概要設計が必要となる。結局、ウォーターフォール型開発になってる!!!!

そして、予算が決まっているにも関わらず、アジャイル開発なんですから、仕様変更できないのはおかしい!って言ってくる発注者側・・・。

仕様変更が発生したなら、その設計費は当然追加で必要になるし、そもそも、アジャイル開発の場合1年後の完成品を予測することなど僕の経験上絶対不可能。それくらい、IT業界のスピードは早い。

ITリテラシーが低い発注者がアジャイル開発でと言われたときに、うかつに飲むとホント事故りますよね。
こういう会社とどう付き合うのか、まずはアジャイル開発の成功率を説明し、アジャイル開発の場合予算は最高のパフォーマンスをできる人数、チームでアサインしその費用を捻出し、お金のことでの交渉などが存在せず、成功のために両社が目的をあわせる必要があります。
みたいな、説明をしていっても、会社で何ができるかわからないものに予算が通らないんです。みたいなことになって、自然と初期に概算見積もりで設計したシステム開発をウォーターフォールで開発していく流れになっていってしまう。
ウォーターフォールや、人月工数算出見積もり。この国内開発の文化を変えたいんです! 

みなさんお力お貸しいただけないでしょうか!?

コメント facebookで投稿してますので、ぜひアドバイスなどいただければ幸いです!

https://www.facebook.com/taimei.omata

カテゴリー: IT進化論, TAIMEI, 開発全般 タグ: , ,

エンジニアの考え方と、発注者側の考え方

指示内容(開発内容)

スタート地点渋谷から、銀座(ゴール)に向かってくれ!

銀座線に乗って向かってる途中に、

『あ、やっぱり品川に向かって欲しい』

え!?

もう銀座線乗っちゃったよ。それなら山手線乗ってすぐ行けたのに。。。

早く言ってよ。

で、乗り換えようとしたら『やっぱり有楽町で!』これやられると、もう移動したくなる。

仕様変更のエンジニアのストレスは大きい。。

ただ、サービスに勝つためには後から気付く事もある。変えないとならない事もある。

逆の立場にたって自分のサービスだったとして、後から、これは銀座じゃなくて品川だと気づいた時、やはりそれは言わざるを得ない気持ちにはなるかもしれない。

これはホントに難しい問題で。。。

ディレクターの先方コントロール手腕にもよる。最悪、仕様変更で移動した分の費用は絶対もらわないと報われない。

でも、お金で解決すれば良いというものではない部分もありますよね。

この辺りの気持ちの落とし所はすごく難しい。

この辺り、どういう気持ちでやるのか、どういう対策案があるのか。

何れにせよ、やりがいある気持ちで仕事はしていきたいですね^^

カテゴリー: IT進化論, TAIMEI, 技術力, 開発全般 タグ: ,