エンジニアの考え方と、発注者側の考え方

指示内容(開発内容)

スタート地点渋谷から、銀座(ゴール)に向かってくれ!

銀座線に乗って向かってる途中に、

『あ、やっぱり品川に向かって欲しい』

え!?

もう銀座線乗っちゃったよ。それなら山手線乗ってすぐ行けたのに。。。

早く言ってよ。

で、乗り換えようとしたら『やっぱり有楽町で!』これやられると、もう移動したくなる。

仕様変更のエンジニアのストレスは大きい。。

ただ、サービスに勝つためには後から気付く事もある。変えないとならない事もある。

逆の立場にたって自分のサービスだったとして、後から、これは銀座じゃなくて品川だと気づいた時、やはりそれは言わざるを得ない気持ちにはなるかもしれない。

これはホントに難しい問題で。。。

ディレクターの先方コントロール手腕にもよる。最悪、仕様変更で移動した分の費用は絶対もらわないと報われない。

でも、お金で解決すれば良いというものではない部分もありますよね。

この辺りの気持ちの落とし所はすごく難しい。

この辺り、どういう気持ちでやるのか、どういう対策案があるのか。

何れにせよ、やりがいある気持ちで仕事はしていきたいですね^^

カテゴリー: IT進化論, TAIMEI, 技術力, 開発全般 タグ: ,