ネガティブな日本文化

日本って、いろんな制度がネガティブに働いている。

例えば、

税金の取り方

別に、自分給料全然良くないけど、頑張れば頑張るほど税金が上がる。

他国に比べて圧倒的に高い。それが次の年の税金に降り注ぐ。

だったら、

税金の安いところに住んでそこでビジネスをしようと思う。

そして、国内の人間は頑張っても税金があがるので、

対して給料あがらないならこのままでいいって思ってしまう。(社会主義的思想!?)

国内のビジネスの空洞化

結果、他国にお金が逃げていき、

税収低下:本末転倒

お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まるからねー。
(お金稼ぐ人は頭いいから、税金減らして、自分が大切だと思うことに寄付するよね。
そうした方が、実感がわくし、自分の名誉にもつながる。)

ゴールデンウィークなんて制度も最悪

普段どこかにでかけるときよりも高い値段で、人が多い分サービスも悪くなる。

高い割にあんまり、良い旅行じゃなかったなぁって、気持ちになる。

楽しい気持ちをしたくて旅行へ行くのに、そもそもこういう文化だからネガティブな方向へ向かいやすい。

極めつけは、

医療ミスの全責任を医者に向けること。

ある医者は言う「飛行機とかで、急患が出ても絶対に名乗り出ない」

そこでミスすれば、全責任を取らされる。

確かに、自分の大切な人が重病にかかって医療ミスで致命的な後遺症をうけたとしよう。

正直、自分も正常ではいられないと思う。

でも、じゃあなたはミスをしたことが無いのか?

あなたの仕事が生死にかかわらないから目立って無いだけじゃないのか?

ネットしてる人に分かりやすく言うなれば、

普通にパソコン使ってたのにパソコンの調子が悪くなったとか、重くなったって体験した事ないですか?

この原因の99%は、自分たちの操作ミスですよ。

ミス起こさない操作をして、会社のパソコンは使ってください。って言われたら、そんなんじゃパソコン使えない!仕事できない!って

なりませんかね?

ちょっと生死レベルとは違うけど、心理的な問題の話では、同じじゃないですかね?

もちろん、生死に関わる仕事だから、ミスが起こらないような運営を考えて日々頑張っているのに。

それだけ、いい給料もらってる????ホントに今でも日本の医者が給料高いと思ってるの?

もっと生死にかかわらない仕事で医者より高い給料もらってる友人をたくさん知ってますよ。

日本の医療のレベルが低い。遅れてる一番の原因

だから、もっと医療ミスに対して目を向けなくてはならないんじゃないかな?

セカンドオピニオンって言葉もあるし、医療ミスが起こりづらい環境を作るだけじゃなくて、

医療ミスの全責任を医者に向けない考え方を日本文化にしていかないと、

レベルあげていけないんじゃないですかね?

と、いいつつも・・・

自分の大切な人がそういう医療ミスで一生残る後遺症をうけた。

この状況に直面したときに、医者に激怒し、復讐してやらないと気が済まないという気持ちを

抑える方法を自分もわからない。

ネガティブな日本文化