Windows7の「送る」のカスタマイズ

自分はメールから受信したファイルを「デスクトップ」に保存して利用することが多い。

画面上でデータが見えるので、忘れることなどを防げる。
しかし!!! そうやって、いつもデスクトップ上にファイルを保存していると、

デスクトップがわけわからない状態になる。

これらのファイルを簡単にコンテキストメニューを駆使し、指定するフォルダに振り分けできたらいいなと思い、
調査を開始する。

コンテキストメニューサンプル

Windows7のコンテキストメニュー内の「送る」を編集方法

基本的には、下記のフォルダにおいたものは「送る」上に表示される。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

しかし、目的の適切なフォルダへ送るための機能を実現するために、
その置きたい場所のフォルダのショートカットをおいてみた・・・。

しかし、なぜかデスクトップ上にコピーされるだけだった・・・。
うーん。送るは、少々裏があることがわかった・・・・。

カテゴリー: OS, PC環境 タグ: ,
Windows7の「送る」のカスタマイズ” への1件のコメント
  1. 812275 315440Thank you for the sensible critique. Me and my neighbor were just preparing to do some research on this. We got a grab a book from our area library but I think I learned more clear from this post. I